クレジットカード現金化を利用するデメリットは2つあります。1つ目は「ヤミ金融業者とのつながり」、2つ目は「クレジットカード会社にマークされる」というものです。

クレジットカード現金化を行っているほとんどの業者は貸金業者としての資格取得や登録をしておらず、また銀行などの金融機関と何のつながりも持っていません。中には、ヤミ金融業者とつながっていて、金策に困っている人の情報を共有しているというケースもあります。そうした業者を利用してしまうと、複数のヤミ金融業者がお金を借りるようしつこくコンタクトを取ってくる可能性があるのです。そうしたストレスに悩まされたくない、と考える人は、事前にしっかりと業者の評判を確認するようにしましょう。

クレジットカード現金化を頻繁に行っていると、クレジットカード会社からカードの使用停止処分を受けてしまう、というデメリットもあります。ほぼすべてのクレジットカード会社は「ショッピング枠はショッピングにのみ使うこと」という規約を設けています。もし換金率の高い商品券などを、限度額いっぱいで繰り返し購入すると、「クレジットカード現金化をしている可能性が高い」と判断されて、カードそのものが使えないようにされてしまうのです。