クレジットカード現金化を利用するデメリットは2つあります。1つ目は「ヤミ金融業者とのつながり」、2つ目は「クレジットカード会社にマークされる」というものです。

クレジットカード現金化を行っているほとんどの業者は貸金業者としての資格取得や登録をしておらず、また銀行などの金融機関と何のつながりも持っていません。中には、ヤミ金融業者とつながっていて、金策に困っている人の情報を共有しているというケースもあります。そうした業者を利用してしまうと、複数のヤミ金融業者がお金を借りるようしつこくコンタクトを取ってくる可能性があるのです。そうしたストレスに悩まされたくない、と考える人は、事前にしっかりと業者の評判を確認するようにしましょう。

クレジットカード現金化を頻繁に行っていると、クレジットカード会社からカードの使用停止処分を受けてしまう、というデメリットもあります。ほぼすべてのクレジットカード会社は「ショッピング枠はショッピングにのみ使うこと」という規約を設けています。もし換金率の高い商品券などを、限度額いっぱいで繰り返し購入すると、「クレジットカード現金化をしている可能性が高い」と判断されて、カードそのものが使えないようにされてしまうのです。

クレジットカード現金化はカードローンとは違って、審査なしで現金を確保できます。このため、クレジットカード現金化の利用者は、急な出費で持ち合わせがなく、今すぐにお金が必要という場合に利用します。もしこのような状況でクレジットカード現金化サービスを利用しようと思っているのであれば、現金化までスピーディに手続きしてくれるところを探しましょう。

クレジットカード現金化の優良業者を見てみると、申し込みをしてから現金が入金されるまでだいたい15分くらいが目安といわれています。これなら今すぐ現金が必要という人でも、余裕をもってお金を確保できるでしょう。

ただし現金化までの時間が短ければ短いほど、優良業者であるかというと決してそうではありません。あまりにスピーディな業者は、逆に疑ってかかった方がいいかもしれません。相手が焦っているのをいいことに、詐欺に引き込もうとしている業者もあるからです。慌てているときには冷静な判断のできないことも多いので特に注意が必要です。例えば最短3分とか5分で振り込むといった宣伝をしている業者は、悪徳業者の可能性も出てきます。ほかにもスピーディに現金化できる業者もありますので、あえて利用する必要はないでしょう。

電車を頻繁に利用する人がクレジットカード現金化をしたいと思う場合には新幹線の回数券がお勧めです。特にViewカードを利用している人は現金化できることに加えて、ポイントがお得に貯められるというメリットがあります。とはいえ、路線によっては還元率がかなり低いケースもあるので、事前に利用者の多い人気路線を調べておくのは大切だと思います。

還元率が常に95%を超える人気の路線は「東京-新大阪」「東京-名古屋」「新横浜-新大阪」の3つです。特に「東京-新大阪」のチケットは金券ショップで引き取ってもらう場合、還元率が98%になることもあります。また最近人気が高いのは北陸新幹線の「東京-金沢」路線です。一方東京と東北や上越を結ぶ路線の回数券は還元率が80%前後で、時期によっては70%台になることもあります。回数券の買い取りに関するデータは金券ショップが運営するサイトで毎日更新されていますから、定期的にチェックしておくと良いでしょう。

回数券は6枚つづりから購入が可能です。とはいえあまりに多くの回数券を立て続けに購入すると、カード会社からすぐに確認の電話が来ることを覚えておきましょう。また回数券の期限は3カ月と決められており、有効期限が迫ってくると買い取り価格が下がってしまうことも念頭に置いておくと良いと思います。

クレジットカード現金化サービスを利用する際にポイントとなるのが「どんな商品を購入して換金するか」という点でしょう。できるだけ換金率が良く、なおかつ多くの業者が買い取りをしてくれるものを選ぶというのが肝心です。その観点からわたしがお勧めするのは「各種商品券」です。

特に人気が高いのは「全国百貨店共通商品券」です。還元率が97%から99%と非常に高いのが特徴で、また利用可能な店舗が非常に多く、必要であればそのまま商品券として使えるというのも人気の理由です。このタイプの商品券は香典返しなどで利用されることが多いため、クレジットカードで大量購入してもカード会社からマークされにくく、また仮に大量購入の理由を確認するために電話があったとしても言い訳がしやすいという利点があります。同様に三越や高島屋、伊勢丹など大手百貨店のギフト券や商品券も還元率が良いことから人気があります。

クレジットカード現金化サービスでは「家電量販店の商品券」も頻繁に用いられています。例えばビックカメラやヨドバシカメラなど全国展開しているお店の商品券は還元率が良く、95%から98%で買い取ってもらえます。ただし家電製品の商品券は使用期限が決められている事が多いので注意が必要です。

カード現金化を利用する上で、よく失敗しがちなのが申込金額の設定です。
申込金額は、必要な金額に設定する事が、大前提です。
中には、還元率が80~90%台なのだから、少し多めにするべきという声もあります。
しかし、必要以上のお金が手元にあると、どうしても無意識に使ってしまいがちです。
そして気がつくと、必要なお金にまで手をつけてしまっていたという事も、ありえます。
もし、必要なお金にまで手をつけてしまったら、またお金を借り入れなければいけません。
その時に、クレジットカードのショッピング枠の残高がまだあれば、カード現金化は利用できます。
しかし、ショッピング枠の残高がなければ、利用は不可能となります。
このような状態に陥る事を防ぐ為にも、やはり申込金額は必要な金額に設定しましょう。

また、カード現金化は手続きが面倒だから一度に多くの金額を換金するべきという声もあります。
これは大きな間違いで、カード現金化の手続きはとても簡単です。
一度に多くの金額を換金しなければいけないほどの面倒な手続きは、一切ありません。
その為、手続きが面倒だからと必要以上の金額を借り入れるような事は、まず行わないようにしましょう。

さらに、クレジットカードのショッピング枠の残高全て借り入れるべきという声もあるようです。
これも、カード現金化の使い方としては、あまりオススメ出来ません。
何故なら、クレジットカード会社の履歴に、商品の購入として残るからです。
突然、ショッピング枠の限界まで商品を購入した場合、クレジットカード会社に怪しまれても当然ではないでしょうか?
しかもそれが金券の購入とわかったら、利用規約違反としてクレジットカードが利用停止になるリスクもあります。
これらのリスクを避ける為にも、やはり申込金額は必要な金額に設定するのが一番です。
お金が必要なその時点の事だけを考えるのではなく、将来的な事も考えて、利用するようにして下さい。

クレジットカード現金化のメリットとして、返済プランを自由に選べるということが挙げられます。カードの現金化は、厳密には借金ではありません。クレジットカードのショッピング枠を現金化しますので、「お金を借りて返済する」のではなく、「ショッピングした代金を後払いする」という概念なのです。

 

キャッシングやローンの場合、返済の仕方を自由に選ぶことはできません。通常は毎月一定額の返済をしていくことになります。しかし、カードの現金化をした場合はショッピングと同じですので、一括払い、毎月払い、ボーナス払い、リボ払いといった払い方を自由に選択することができるのです。返済プランを好きなように選べるというところが、クレジットカード現金化のメリットです。

 

キャッシングやローンを利用している場合、新たな借り入れで毎月の返済額が増えてしまうことは避けたいものです。クレジットカード現金化を利用すれば、返済額についてもある程度の自由が利きますし、払い方を好きなように調節することができます。無理のない返済プランも立てられるのではないでしょうか。ただし、返済プランは自由に選べますが、返済額が減るわけではありません。無理のない計画的な利用を心がけましょう。

クレジットカード現金化に興味を持っている人はたくさんいると思います。新聞やインターネットの広告などで現金化を知り、「どんなサービスなのかな?」と気になっている人もいるでしょう。そんな初心者の方に向けた、クレジットカード現金化の基本について説明してみたいと思います。

 

まず、クレジットカード現金化とはどのようなサービスなのでしょうか。簡単に言えば、持っているクレジットカードのショッピング枠を現金に換えてくれるサービス、または自分自身で現金に換える行為のことを言います。「カードのキャッシング枠がいっぱいで、もう借りることができない」という場合でも、ショッピング枠に余裕があればその枠を現金化することができます。

 

次に、ショッピング枠さえあればどのカードでも現金化できるか?という疑問に対する答えです。これは、「どんなカードでもOK!」とは言い切れないというのが現状です。世の中にはクレジットカードを発行している会社がたくさんあります。メジャーなカード会社の場合はほとんど大丈夫ですが、業者によっては指定のカード会社があるところも存在するかもしれません。専門業者にカードの現金化を依頼する場合は、手持ちのカードでも大丈夫なのかどうかをまず確認したほうが安全です。

クレジットカード現金化サービスの利用の際には業者選びを慎重に行う、というのが鉄則ですが、実際にサービスを利用してみるといかに業者のホームページの宣伝が当てにならないかを実感するものです。それだけに何度もサービスを利用する場合には宣伝を割り引いたうえで比較検討していくコツを身につけていく必要も出てきます。これができるかどうかが初心者から脱することができるかどうかのポイントといってもよいでしょう。

 

そんな業者選びのポイントしてうまく活用したいのがランキングサイトです。現金化を取り扱っている数ある業者をさまざまな観点から比較検討し、ランキング形式で紹介しているサイトをネット上で見つけることができます。こうしたサイトではそれぞれの業者の特徴や評価のポイント、あるいは実際に利用した人の口コミ情報などが掲載されています。これらの情報と自分が実際に利用した時の業者のサービスや対応を比較検討することでその業者が信用できるかどうかを判断していくことができるようになります。

 

難しいのはランキングサイトで高く評価されている業者が必ずしも安心して利用できるところとは限らないことです。だからこそランキングサイトの情報を鵜呑みにするのではなく自分の経験とうまく組み合わせながら判断していくことが大事なのです。業者のサイトではなくこうした外部サイトの情報と自分が実体験で得た経験を組み合わせて検討していけば業者の本当の姿を見極めることができるようになるでしょう。そしてまだ利用したことがない業者の情報をどこまで信頼できるかどうかを判断することもできるようになっていくはずです

何度も利用している方でも悪質なクレジットカード現金化サービスに騙されてしまうことがあるものです。むしろ信頼性や安心感を重視して業者を選ぶ初心者よりも、換金率やスピードを重視する慣れた人の方がだまされやすい傾向も見られます。

 

安心して利用でき、そのうえサービス面も充実している業者を見つけるためには事前の情報収集が非常に重要です。業者のホームページが第一の情報源となるわけですが、それだけでは十分に判断するのか難しい面もあります。どの業者のホームページも似たような構成になっていて比較検討が難しいのもありますし、業者にとってマイナス店になるようなことは書かれていないからです。ですからホームページ以外に客観的な情報を入手できる手段が必要です。

 

その際に役立つのがネット上の口コミ評価です。実際に利用した人の感想が投稿の形で掲載されており、信頼できる業者かどうかだけでなく、実際にどのようなやり取りを経て現金化されるのか、換金率はホームページに掲載されている通りなのかといった重要な情報を知ることができます。また、実際に利用したことがある業者の場合は自ら体験を書き込むことによって情報を共有していくこともできるでしょう。このように現金化サービスを何度も利用することで情報を入手するだけでなく交換しあう場として口コミサイトを活用していくことが可能になります。現金化サービスに慣れてきた方こそ、こうしたサイトをうまく活用してみてはいかがでしょうか。

「カード現金化という方法があることを知ったので、早速利用したいと思っているのですが、クレジットカードを誰かに譲ることで、現金になるのでしょうか」

このように、カード現金化と聞けば、クレジットカードを売買するというイメージを受けるかもしれません。
カード現金化は、まずその仕組みをしっかり理解しておかなければ、悪い組織があなたの「今すぐお金が欲しい」という気持ちに付け込んでくるのです。

そもそも、カード現金化のために、あなたの大切なクレジットカードを誰かに預けるようなことは絶対にないのです。
カード現金化はあくまでもあなたが商品を購入して、キャッシュバックを受け取るというもの。
通常通り、クレジットカードを使うことと大きく変わらず、誰かに手渡す必要はないのです。

カードのスキミングによって、個人情報が盗まれる可能性もあります。
そんな悪の手口にはまらないように、カード現金化をする間に、しっかり知識を持つように心がけましょう。